[ m ] の発音

mの発音
ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は発音記号である [ m ] の発音(両唇鼻音)についてです。

日本語の「ま行」の子音ですが、発音は同じなのでしょうか?

この記事では [ m ] の発音の仕方[ m ] の発音のコツなどをくわしく解説します。

[ m ] はどんな音声?

まずは、発音記号の [ m ] の音声を聞いてみましょう。

次のような発音になります。

ヨス

「ムッ」という音に聞こえますよね!

[ m ] の発音の仕方

では、 [ m ] を発音するときの口の中の「構え」はどうなっているのでしょうか?

[ m ] を発音するときは、こちらの図のように唇を使って発音されます

[ m ] の発音
[ m ] の発音

[ m ] の発音をする手順をまとめると次のとおりです。

[ n ] の発音をする手順

  1. 上下の唇をしっかりと合わせ、口を閉じる
  2. 口から出るはずの息をせき止め、鼻から「ンー」という音を出しながら……
  3. 口を開き「ムッ」という音を出す

日本語の「ま行」の子音とまったく同じですが、日本語の「ま」のように母音をつけないのが大切です(参考 :子音だけを発音するとは?)。

[ m ] は専門的には「両唇鼻音(りょうしんびおん)」という発音です。

音声 [ m ] についてのまとめ
のどの震え
  • 有声
  • 無声
発音される場所
  • 両唇
  • 唇歯
  • 歯茎
  • 後部歯茎
  • 硬口蓋
  • 軟口蓋
  • 声門
発音する方法
  • 破裂音
  • 摩擦音
  • 破擦音
  • 鼻音
  • 接近音
発音のコツ 上下の唇を合わせ、「ンー」と発音する
注意点 「ム」の発音にならないように

以下でもっとくわしく説明しますね。

【のどの震え】[ m ] の発音は「有声音」

[ m ] の発音は有声音です。

そのため、のどの震えがあります。

声帯振動(のどの震え)についてはこちらをどうぞ。

【発音される場所】[ m ] の発音は唇で作られる

[ m ] の発音をするときは舌は使わず、代わりに唇を使います

上唇・舌唇
上唇・舌唇

「上唇(上の唇)」と「下唇(下の唇)」を使って発音するため、両唇音と呼びます。

ヨス

そのため、歯の生えていない赤ちゃんでも発音できます。

口の中の名称についてはこちらをどうぞ。

【発音する方法】[ m ] の発音は鼻音

[ m ] の発音は、本来は口から出るはずだった音を鼻から出す「鼻音(びおん)」と呼ばれる音です。

[ m ] の発音
[ m ] の発音

こちらが実際の [ m ] の発音です。

口を開いた瞬間に「ムッ」というような音が出ます。

鼻音についてはこちらをどうぞ。

【ポイント】[ m ] を発音するときのコツ

では [ m ] を発音するときのコツを紹介します。

まずは「ンー」と発音

[ m ] を発音するときのコツは、唇を閉じて「ンー」と発音することです。

こちらのような音です。

こちらの図も参考にしてください。

[ m ] の発音
[ m ] の発音

唇を開くと「ムッ」という音に

唇を閉じたままだと「ンー」のような発音ですが、唇を開くと次のような「ムッ」という音になります。

ヨス

口は「ま(ma)」を発音するときと同じ構えですね。

発音を確認したいとき

発音を確認したいときの裏技があります。

日本語で「(散歩)」と発音するときの「ん」の発音が [ m ] です(後述しています)。

そこで、「さんぽ」と発音しようとして、「ぽ」を発音せずに「ん」で止めると、[ m ] の発音になりますよ。

【確認】[ m ] の発音の注意点

ただし、[ m ] だけを発音するときには
「ム」の発音にならないようにしましょう。

ハミングするように [ m ] の発音で「 m 〜♪」と言いながら、舌はいっさい動かさずに口を開いてみてください。

ヨス

「ムッ!」のような発音になりますが、「ウ」の発音は入っていません。

これが子音だけの [ m ] の発音になりますよ。

子音は「音」、母音は「声」ということも知っておくと発音がよくなります。

日本語で [ m ] が使われる例

この [ m ] という発音記号ですが、日本語でも使われます。

2つの場面で使われるので、それぞれ紹介しますね。

「ま行」の子音

ローマ字の「 m 」で表される「ま行」の子音は [ m ] になります。

ま行
[ ma ]
[ mi ]
[ mɯ ]
[ me ]
[ mo ]

「う段」を [ u ] ではなく、 [ ɯ ] と書いているのは、こちらのほうが日本語の「う」の発音に近いからです(参考: 日本語にある2種類の「う」について)。

音声はこちらです。

日本語の「ん」の発音でも [ m ] が使われる

この [ m ] の発音が、日本語の「ん」の発音になることもあります。

たとえば、こちらのような場合の「ん」の発音は [ m ] です。

  • ぱい(乾杯)
  • ぶ(昆布)
  • ま(群馬)

「ん」の後ろにつづく音が両唇音である場合( [ p ] [ b ] [ m ] の場合)、その直前にくる「ん」の発音も両唇鼻音である [ m ] になります。

くわしくは日本語の「ん」の発音についてをご覧ください。

今回は日本語にも英語にもある発音 [ m ] について紹介しました。

多くの言語にある発音で、非常にかんたんに発音できるという特徴があります。

きっと発音には苦労しないと思いますが、「子音だけ発音する」ということには注意してくださいね。

最後にもし、この記事が役に立ったら、Twitterで教えてもらえるとうれしいです!

 Twitterで教える

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者:
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら
mの発音

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?