日本語「ん」の発音の秘密について

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

「あいうえお……」から始まって最後にたどり着く日本語の「ん」。

専門的には撥音(はつおん)とも呼ばれますが、今回はこの日本語「ん」の秘密にせまります。

じつは無意識のうちに、いくつもの発音を使い分けていることをご存じですか?

「ん(撥音)」について

日本語の「ん」ですが、特別な子音です。

専門的に「撥音(はつおん)」という名前が与えられるほど特別あつかいされています。

では、どんな点でほかの文字(音声)と違うのでしょうか?

日本語は「母音」を必ずともなう言語

日本語はほとんどすべての発音に母音をともなう言語(開音節言語)です。

簡単に言うと、日本語って子音のあとに必ず「a・i・u・e・o」をはさみますよね?

子音の後に母音が来る

  • スマホ …… sumaho
  • かつおぶし …… katsuobushi
  • 映画 …… eiga

なんかややこしそうに見えますが、「か」なら「ka」のように、常に「子音+母音」になります。

ここまでは大丈夫でしょうか?

参考: 子音だけを発音するとは? 日本語は子音と母音が合体しているという事実

参考: 英語の勉強をするときに日本語の「母音」「子音」という表現は忘れてください!

「あいうえお表」の中で唯一の子音

「あいうえお表」の中に1つだけ「ほかとは違った文字」があるのを存じですか?

ほら……一番最後に出てくる
「ん」ですよ。

ヨス

昔から「しりとり」では悪者扱いされるし、なんか「あいつだけ違う感」がありましたよね?

それもそのハズ。「ん」は子音なんです! 「あいうえお表」の中で唯一出てくる子音なんです。

子音なので後ろに母音をともなえる

この「ん」が子音という証拠に、うしろに「a・i・u・e・o」をくっつけて発音してみました。

ヨス

おいおい! ヨスよ、
頭大丈夫か?!

……と言われそうな発音をしていますが、これが「ん」に母音を付けた音です。

無理やり表記すると、こんな感じになりますかね(笑)。

「ん行」の表記?

んぁ・んぃ・んぅ・んぇ・んぉ

「ん = n 」ではない!

ここで驚愕の事実を公表します。

日本語の「ん」は「 n 」でありません

「ん」は「n」とはイコールではない。

こんなふうに聞くと……

ヨス

だったら「ドラえもん」の「ん」は「 n 」って書くけど、間違ってるのかよ!?

……って思いますよね。

「ん」と「 n 」の違いについてはこちらの記事にガッツリ書いています。

日本語の「ん」の発音

では日本語の「ん」にある面白い特徴をお伝えしましょう。

それは、こちらです。

「ん」にはたくさんの発音がある

ヨス

まじか?!

基本の「ん」の発音

まずは基本の「ん」の発音を見てみましょう。

ふつうに「ん」とだけ言うときの「ん」ですね。

口の中ではこんなふうに発音しています。

「 N 」の発音
「 N 」の発音

本来なら口から出す「声」を「のどちんこ(口蓋垂)」を使ってせき止めます。で、「鼻」から声を出すのが「ん」の基本的な発音です。

上図のように、正式な発音記号では「 N 」と書きます。大文字の「 N 」です。

「 n 」の発音は?

じゃあ、いつも見ているアルファベット「 n 」の発音はどうやって発音するのでしょうか?

こちらです。

「 n 」の発音
[ n ] の発音

先ほどの「ん [ N ] 」と何が違いますか?

舌の位置です! [ N ] は「のどちんこ」を使って、声をせき止め、鼻から声を出していましたが、[ n ] は違います。

舌先を「歯茎」と呼ばれる、歯の根本あたりに当てています。

後ろに続く発音で「『ん』の発音」が変わる

なんと、「ん」の後ろに続く発音によって、「ん」自体の発音が変化するという特性があります。

たとえば、この2つの「ん」の発音が違うのがおわかりですか?

発音の違いがわかりますか?

  • とう(本当)
  • ぱい(乾杯)
ヨス

ナチュラルスピードで読んでくださいね。

「ほとう」の「ん」は前歯の後ろの方に舌を付けて発音してますよね?

逆に「かぱい」の「ん」は口を閉じて言っていませんか?

後ろに続く「 t 」と「 p 」の影響

今度は、「ん」の後に続く音に注目しますね。

「ほんう」の「」を発音するとき、舌はどこに当たっていますか?

こちらも前歯の後ろあたりじゃないでしょうか?

「ほんとう」と「かんぱい」の発音
「ほんとう」と「かんぱい」の発音

「ほんう」の「ん」と「と」を発音するときの舌の位置が同じなんですね!

「かんい」に関しても同じです。「ん」と「ぱ」がどちらも唇で発音する音なんです。

つまり……

2つの口の構えが同じに

  • 「ん」自体を発音するときの口の構え
  • 『ん』のあとに来る子音」を発音するときの口の構え

これが同じになるんです。後ろに来る子音の発音に引きづられ、「ん」の発音が変化するということです!

日本語の「ん」の発音の種類

では実際に、「ん」の発音がどう変化するかを見ていきましょう。

1「ん」だけを発音した場合

では、まずは「ん」だけを発音した場合の「ん」の発音から紹介します。

[ N ] の発音
[ N ] の発音

あ、これはさきほど見た発音ですね!

ほかにも、日本語の単語を1文字ずつゆっくり言うときも [ N ] の発音になります。

ヨス

たとえば「てんぷら」を「て・・ぷ・ら」と言うときの「ん」とか。

単語だけを発音するときに、「ん」で終わるときも [ N ] の発音になりますよ。

  • (本)
  • (君)

厳密には、「あ段」「い段」「え段」の後ろでは、あとで紹介する [ ŋ ] の発音になり、「う段」「お段」のあとにつづいたときだけ [ N ] の発音になります。

2「ん」の後ろに「ぱ行」「ば行」「ま行」が続く場合

「ん」の後ろにこの3つが来るときの「ん」は [ m ] の発音になります

「ん」に続く3種類の子音

  • p(ぱ行)
  • b(ば行)
  • m(ま行)
「 m 」の発音
「 m 」の発音

[ m ] は唇を閉じて、口から出るはずだった声を鼻から出す音です。

  • ぱい(乾杯)
  • ぶ(昆布)
  • ま(群馬)

「ぱ行」も「ば行」も「ま行」も全部、唇で作る音ですからね。

その発音に引きづられ、直前の「ん」の発音も唇で発音する「ん」になるってわけです。

3「ん」の後ろに「た行」「だ行」「な行」「ら行」が続く場合

「ん」の後ろにこの4つの発音が後ろに来るときの「ん」は [ n ] の発音になります。

  • t(た行)
  • d(だ行)
  • n(な行 ……「に」以外)
  • ɾ(ら行)
「 n 」の発音
[ n ] の発音

[ n ] は舌を上の前歯の根本あたり(=歯茎(しけい))に押し当てて、口から出るはずだった声を鼻から出す音です。

「t(た行)」「d(だ行)」「n(な行)」「ɾ(ら行)」の全部、専門的には「歯茎音」と呼ばれる発音ですね。

  • たくと(コンタクト)
  • どう(感動)
  • なづき(神無月)
  • れき(還暦)

[ ts ] [ tʃ ] [ dz ] [ dʒ ] の4つの破擦音は硬口蓋歯茎音ですが、前に来る「ん」は [ n ] です。

4「ん」の後ろに「に」が続く場合

お次は「ん」の後ろに「に」が続きとき。

「に」の前の「ん」の発音は [ ɲ ] になります。

「 ɲ 」の発音
[ ɲ ] の発音

いやー、何この発音記号!? って思いますよね。

実はこれ、「に」の子音なんです。正式に「な行」の音声記号を書くと……

na / ɲi / nu / ne / no

実は「に」だけ、子音が違うんですね。

「 n 」よりも後ろの方(「硬口蓋」と呼ばれる場所)に舌を持っていって、口から出るはずだった声を鼻から出す音です。

  • にんぐ(カンニング)
  • にく(筋肉)
  • にゃく(コンニャク)

日本語では「に」にしか使われない [ ɲ ] という子音……。地味な存在です(笑)。

5「ん」の後ろに「か行」「が行」が続く場合

「ん」の後ろに……

  • k(か行)
  • g(が行)
  • ŋ(か゜行)

この3つが来るときの「ん」は [ ŋ ] の発音になります。

「 ŋ 」の発音
[ ŋ ] の発音

これは舌の根本あたりを上あごの後ろの方(= 軟口蓋)につけ、口から出るハズだった声を鼻から出して作る音です。

  • かく(感覚)
  • がん(ガンガン)
  • ごう(信号)

ちなみに [ ŋ ] は、「鼻濁音の『が(= か゜)」の子音です。

6「ん」の後ろに「母音(あ行)」「半母音(や行・わ行)」「さ行」「は行」が続く場合

「ん」の後ろに……

  • a / i / ɯ / e /o (あ行)
  • j(や行)
  • w(わ行)
  • s(さ行)
  • h(は行)

が来るときは、「ん」が「直前の母音の鼻母音化した発音」になります。

「鼻母音」の発音
「鼻母音」の発音

鼻母音というのは、口と鼻の両方から音声を出す発音です。

  • や(今夜)
  • わ(談話)
  • あい(恋愛)
  • いん(婚姻)
  • うん(金運)
  • えき(現役)
  • おけ(棺桶)
  • せい(賛成)
  • こくさひん(国産品)

これらの「ん」の発音は、その前にある母音が「鼻母音化」した発音になります。ややこしいなぁ(笑)。

発音記号では、たとえば「a(あ)」が鼻母音化すると [ ã ]、[ え ] だと [ ẽ ] のように、母音アルファベットの上に「 ~ 」を書きます。

例えば、「談話(danwa)」という発音なら、[ daãwa ] のような発音に。「だ [ da ] 」の [ a ] を発音し、その [ a ] が鼻母音化した「ん [ ã ] 」を発音し、「わ [ wa ] 」を発音します。

さて、今回は日本語の「ん」にはいろんな発音があることについて解説しました。

めちゃくちゃややこしいですねー(笑)。でもこんな発音の違いがあるにも関わらず、わたしたちは瞬時に、そして無意識に発音しているんですよ。

「ん」についてまとめながら、文字表記的に「 n 」に似ているように見えるのがなんか不思議だな〜と思い始めました。

ではこのマニアックな話題を終えたいと思います(笑)。

ほかにもこんな記事もお好きかも? ぜひご覧ください!

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「日本語の発音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"