オンライン英会話のメリット・デメリットをまとめたよ!

online-english-advantages
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回はオンライン英会話についてです。私は5年前から2年ほどオンライン英会話をやっていました。

最近また始めたので、今回はオンライン英会話のメリットとデメリットについて、私の感想をまとめてみました。

オンライン英会話のメリットについて

では早速、オンライン英会話のメリットについてお話します。

とにかく安い!

まずは気になるお値段の話です。オンライン英会話の安さは次元が違います

正直、5年前ぐらいに初めて知ったときには度肝を抜かれました。でも「安い」って聞くと、怪しいです。私もやる前には、「きっと質が悪いのだろう」と思っていました。

でも安さの理由を論理的に知ると納得の安さなんですよ。英会話の先生がフィリピンに住んでいるフィリピン人なんです。

photo credit: IMG_0439 via photopin (license)

「フィリピンに住んでいる」というのがキモで、フィリピンで住んでいると物価が10分の1で済むんですねー。これは凄い! なので、この安さの秘密を一言で言うと「人件費の違い」というわけです。

単純に言って、日本に住んでいる先生の10分の1のコストで英会話の先生を雇えるわけですね(もちろん給与が多い学校などいろいろだと思いますが)。

フィリピン人は英語をペラペラ喋れるので、こんなに費用を安く抑えられる英会話の先生はほかにありえないわけです。

しかも自宅でいてPCがあれば仕事ができるので人気の職業のようです(つまりよい人材を集めやすい?)。あとフィリピンとの時差が1時間というのもフィリピン人にとって負担がないですね。

希望の時間を選べる

「英会話を習いに行きたいんだけどねぇ~」「でも仕事が忙しくて行く暇がねぇ~」なんて言い訳をする人がいます。でもオンライン英会話という存在の前ではその言い訳は通用しません。

だって、希望の時間を選べますからね。数時間前でも予約できる体制のところも多く「あ、今日の昼休みは英会話レッスンの時間を取れそう♪」と分かったときに予約すればいいんです。

photo credit: Papercamp schedule via photopin (license)

基本的に先生は自分の働ける時間のみスケジュールに入れているため、サイトに開示してある先生のフリーな時間に予約を入れる……という形でレッスンの予約をします。しかも25分単位で自由に予約できます。

会社勤めをしている人や、家からなかなか動けない人でも簡単にレッスンを受けられるんですね!

場所を選ばない!

私のような効率オタクにとってはすごく大事な要素があります。それは移動時間が不要なこと! だってオンライン英会話なら、家から一歩も出ずにレッスンが受けられますから。

時間の無駄がこの上なくないですね。なので、介護や子育てで家から出られなくても英会話を習えるってわけです。しかも家庭教師とは違い、さっきも言ったようにコストが圧倒的に安いんですよね。

photo credit: Two trains different destinations via photopin (license)

もちろん、家から出てもOKです。パソコンでなく、スマホやタブレットでもオンライン英会話は受けられますからね。

公園でも海辺でもリラックスできる場所で自由にレッスンを満喫してください! ただし、うるさいところとか図書館みたいに静かにしないといけない場所ではアウトです。まぁ、当たり前ですけど(笑)。

基本的にマンツーマン

オンライン英会話は基本的に1対1のマンツーマンレッスンです(グループレッスンのものもあります)。

なので、英会話に苦手意識を持っていて「ほかの人がいると恥ずかしくて話せない」という心配もありません。もちろん先生にもそういう意識があると困りますが(笑)。

それとグループじゃないことで、ほかの人に日本語で相談できないというメリットもあります。よくあるじゃないですかー、日本の英会話スクールだとグループレッスンが普通なので「え? 今先生、何て言ったかわかる?」「うーん、たぶん『interesting』じゃない?」とか日本人同士でブツブツ相談するシーン。

自分の英会話力、コミュニケーション力、ジェスチャーなどを駆使して、自分だけで先生と会話をしなければなりません。その分、身に付く力も多いかなと思います。

ちゃんと文字も送れる

英語を話していると、自分の発音ではどうしても伝わらないときもあると思います。そういうときはテキストを送ればいいんですよね。スカイプのチャット機能を介して。

I said "accessory".(私は「アクセサリー」って言いました)

こんな感じで! これは実話で、私がネイティブの人に「accessory(アクセサリー)」と言ったのが伝わらずにあたふたしたことがあります。

文字が送れるということは、参考URLなんかも送れるってこと。なので「このネットニュース記事を読んでどう思うか?」のようなレッスンもできますね。

写真などデータも送れる

オンライン英会話にも慣れてきて、先生とも信頼関係が築けてきたら、自分が撮った写真を見せたいときとかってありますよね。そんなときにSkypeはデータも送れるので、先生に見せることができます。

自分が学校で使っている教科書で見てもらいたいところをスキャンして送る……などなど、いろんな応用ができそうですね!

録音して復習も可能

英会話スクールでビデオを持って行って撮影なんてできませんが、Skypeならその気になれば録音もできるようです。

私は録音をしていないので詳しくないですが、アプリなんかもあるそうです。これで、後で復習することもできますね。もちろん録音した音声データは個人での使用に限定しましょう。

オンライン英会話のデメリット

教師の質がいろいろ

これは普通の英会話スクールも同じかもしれませんが、教師の質がいろいろなんです。

学校で教えるように資格を要する仕事ではないため、誰でもできます。私は日本語教育の勉強をして、日本語教師をしていたのでわかりますが「日本語が話せる=日本語を教えられる」では全くないんですね。

ただ、今の日本人に足りていない「英語に触れる時間」を意図的に、そして圧倒的に増やせる……という意味ではものすごく価値があります

もちろん教育の経験がある人、言語学の知識がある人、教える才能のある人、コミュニケーション能力の高い人、カンの良い人などいろんな人がいるため、良い人にも巡り合える可能性は十分ありますよー!

フィリピン英語のなまり

そして時々聞きますが、発音の問題です。フィリピン人の話す英語には特有のなまりがあるからです。

これも完全に先生の差でしかないのですが、先生によってはなまりがないとかそういう問題です。

……というか、「フィリピン英語のなまりがねぇ……」と言う前にまず知っておいてもらいたいことがあります。それは、カタカナ英語は日本人にしか通じませんが、フィリピン英語は世界に通じるという決定的な差があるということを。

そんな英語学習者としてはるか上をいくレベルのフィリピン英語にいちゃもんを付けられるのはネイティブ並みの英語スキルを持った人ぐらいだと思います。なので私もいちゃもんをつけません(笑)。

先生が毎回変わる

オンライン英会話は、レッスンの先生が基本的に毎回変わります。毎回同じ先生がイイ!って方にはデメリットですが、視点を変えるとメリットでもあります。

毎回先生が変わるということは、いろんな話し方、話すスピード、癖、声をした人と話をする機会がある……ということです。これは世界的共通語になっている英語の特性を考えると良いことのような気がします。

それに、良い先生、自分に合った先生にめぐり会えるまでいろいろな先生を気兼ねなく探せるというのはメリットかなと思います。普通の英会話スクールでは先生の交代なんてなかなかできませんからね。

ただ、早く予約することで希望の先生を次回も確保することはできるので、上手くやるといいかもです。

ネットの環境の問題

目の前にいる生身の人間と会話するのではないため、レッスンの良し悪しがインターネット回線の状況に左右されることがあります。

特にフィリピンのインターネット回線の問題です。日本と比べ、通信速度が遅いという話はよく聞きます。

あと、スマホやタブレットでオンライン英会話をするときに3G回線ではスピードが遅すぎるので、できればWi-Fi接続でやりましょう。

ちなみに私の経験では、会話がとぎれとぎれになったり、突然アプリが落ちたこともありました。まぁ、iPhone4の時代の話なので今はマシになっていますが。

というわけで今回はオンライン英会話のメリット、デメリットについてのまとめでした。

日本で英語に触れる場としては絶好の機会なので、安いしこんなにメリットの多い「オンライン英会話」を利用しない手はないです。

オンライン英会話と言えば「レアジョブ 」が有名ですよね。友達の中でもやっている子が多いので、オススメです。

online-english-advantages

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。