[ p ] の発音

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は英語の「 p 」の発音についてです。

日本語の「ぱ行」の子音ですが、発音は同じなのでしょうか?

発音記号、発音の仕方などをくわしく解説します。

「p」の発音について

では「 p 」の発音についてくわしく紹介していきます。

「p」の発音記号は?

英語で「 p 」と表記したときの発音記号は、同じく [ p ] です。

p の発音記号は [ p ]

表記と発音記号が一致しているのでわかりやすいですね。

[ p ] の発音とは?

英語で「 p 」と表記されたときの発音はこんな音です。

まるで「プッ!」とスイカの種を飛ばすときの音です。

[ p ] の発音の仕方

では、 [ p ] を発音するときの口の中の「構え」はどうなっているのでしょうか?

[ p ] の発音の仕方は、こちらの図のように唇を使って出します

[ p ] の発音
[ p ] の発音

日本語の「パ行」の子音とまったく同じですが、日本語の「プ」のように母音をつけないのがポイントになります(参考 :子音だけを発音するとは?)。

専門的には「無声両唇破裂音(むせいりょうしんはれつおん)」という発音になります。

以下でもっとくわしく説明しますね。

1【のどの震え】[ p ] の発音は「無声音」

[ p ] の発音は無声音です。

そのため、のどの震えはありません。

2【舌の位置】[ p ] の発音は舌ではなく唇で作られる

[ p ] の発音をするときは舌は使わず、代わりに唇を使います

上唇・舌唇
上唇・舌唇

「上唇(上の唇)」と「下唇(下の唇)」を使って発音するため、両唇音と呼びます。

そのため、赤ちゃんでも発音しやすい発音ですね。

3【音の出し方】[ p ] の発音は破裂音

[ p ] の発音は「破裂音(はれつおん)」と呼ばれる音です。

イメージとしては口の中に空気をためこみ、あわせた唇の部分で破裂させるように発音します。

[ p ] の濁った音が [ b ]

この [ p ] の発音が濁った音が [ b ] の発音になります。

[ p ] の発音と[ b ] の発音は、唇を使って破裂させる音で、作られる構えは完全に同じです。

唯一の違いが、のどの震えがあるかどうかになりますよ。

ちなみに、本来「バ」を「パ゛」と書くべき理由という記事もおもしろいのでオススメです。

英語の [ p ] の発音の特徴

では、英語の [ p ] の発音の特徴をまとめます。

ストレスのある母音があとにつづくと有気音になる

まずはストレス(アクセント)のある母音があとにつづくと「有気音」になるという特徴です。

語頭に [ p ] が来る単語
単語(意味) 発音記号
pineapple(パイナップル) pʰáinæ̀pl
pancake(ホットケーキ) pʰǽnkèik
penguin(ペンギン) pʰéŋgwin

通常の [ p ] との違いはこちらの図をごらんください。

通常の「p」と有気音の「p」
通常の [ p ] と有気音の [ pʰ ]

図では、ティッシュを口の前に置いて発音しています。

「有気音」になると、息がたくさん出てティッシュがめくれるほど強い息が出るのです。

この特徴は [ p ] だけでなく、無声破裂音の [ t ] [ k ] の発音も同じですよ。

くわしくは有気音についてをご覧ください。

語尾に「 p 」が来ると音が消える

そして、語尾に [ p ] の発音がくると音が消えるという特徴があります(アメリカ英語のみ)。

語尾に [ p ] が来る単語
cap 帽子
trip 旅行
get up 起きる

語尾(文末)に [ p ] のような破裂音がくる場合は、音声が消える「無音化」という現象が起こります。

ただしこれはアメリカ英語の特徴で、イギリス英語では消えません。

今回は日本語にも英語にもある発音 [ p ] について紹介しました。

多くの言語にある発音で、非常にかんたんに発音できるという特徴があります。

きっと発音には苦労しないと思いますが、「子音だけ発音する」ということには注意してくださいね。

最後にもし、この記事が役に立ったら、Twitterで教えてもらえるとうれしいです!

 Twitterで教える

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?