英語にある子音の発音記号一覧

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

「英語の発音って難しい……」と思っている方も多いと思いますが、なぜ難しいのでしょうか?

それは口の中の地図がないからです。今回は口の中のイラストとともに英語にある子音を一覧としてまとめました。

両唇音

両唇(上の唇 + 舌の唇)を使って発音する音声を「両唇音(りょうしんおん)」と呼びます。

上唇・舌唇
上唇・舌唇

両唇音としては、英語には「両唇破裂音」しか存在しません。日本語には両唇摩擦音の「ɸ(『ふ』の子音)」がありますが、英語にはありません。

両唇破裂音 [ p ] [ b ]

両唇をくっつけて、勢いよく「破裂」させるようにする「両唇破裂音(りょうしんはれつおん)」です。

1無声両唇破裂音 [ p ]

両唇破裂音で、のどの振動を伴わない音声を「無声両唇破裂音(むせいりょうしんはれつおん)」と呼びます。

[ p ] の発音
[ p ] の発音

日本語では「ぱ行」の子音で、[ p ] の発音のことですね。

「プッ」のように言えば簡単に発音できると思いますが、「母音」を付けないようにご注意ください。

2有声両唇破裂音 [ b ]

両唇破裂音で、のどを振動させる音声を「有声両唇破裂音(ゆうせいりょうしんはれつおん)」と呼びます。

[ b ] の発音
[ b ] の発音

日本語では「ば行」の子音で、 [ b ] の発音です。これも簡単にできますね。

表記的にややこしいのですが、実は「は行」の濁音が「ば行」ではなく、「ぱ行」の濁音が「ば行」です。

歯音

今度は唇の後ろにまずある「歯」で作る音声です。「歯音(しおん)」と呼ばれます。

歯

これは日本語には存在しない音声ですね。英語だと、「 th 」の発音がこちらにあたります。

歯摩擦音 [ θ ] [ ð ]

上の前歯と下の前歯のスキマと舌の間に狭いスキマを作り出し、そこからスキマ音を出すと「スー」みたいな音が出ます。

この音を「歯摩擦音(はまさつおん)」と呼びます。

1無声歯摩擦音 [ θ ]

歯摩擦音で、のどの振動を伴わない音声を「無声歯摩擦音(むせいはまさつおん)」と呼びます。

[ θ ] の発音
[ θ ] の発音

英語の「 th 」の発音のことですね。

thing」や「health」や「Thursday」などの「th」の発音がそうです。

2有声歯摩擦音 [ ð ]

歯摩擦音で、のどを振動させる音声を「有声歯摩擦音(ゆうせいはまさつおん)」と呼びます。

[ ð ] の発音
[ ð ] の発音

こちらは「 th 」の濁った音で使われます。

たとえば「the」や「that」などの「 th 」の音ですね。

唇歯音

そして、「唇歯(しんし)音(下唇と上の前歯を使って発音)です。

これは、日本語にはまったく存在しない発音方法で、英語では「 f 」と「 v 」の発音がそうです。

唇歯摩擦音 [ f ] [ v ]

上の前歯を下唇に当てようとして、触れるか触れないかぐらいのスキマを空け、その間から摩擦したような音を出す音声を「唇歯摩擦音(しんしまさつおん)」と呼びます。

1無声唇歯摩擦音 [ f ]

唇歯摩擦音で、のどの振動をともなわないものを「無声唇歯摩擦音(むせいしんしまさつおん)」と呼びます。

[ f ] の発音
[ f ] の発音

英語の [ f ] の発音ですね! 日本語にはない音なので初心者が苦戦する発音の1つです。

2有声唇歯摩擦音 [ v ]

唇歯摩擦音で、のどを振動させる音声を「有声唇歯摩擦音(ゆうせいしんしまさつおん)」と呼びます。

[ v ] の発音
[ v ] の発音

英語の [ v ] の発音ですね!

日本語の「ヴ」は英語の「 v 」とはまったく異なるのでご注意を。

歯唇鼻音 [ ɱ ]

そして、今度は「歯唇鼻音(しんしびおん)」です。

上の歯を下唇に当て、口から出る息を完全に止め、その息を鼻から出すときに出す音です。

[ ɱ ] の発音
[ ɱ ] の発音

この [ ɱ ] の発音ですが、はっきり言って、[ m ] の発音と区別は付きません

そもそも、この [ ɱ ] という発音は、英語の発音として一応、存在はしますが、意識しているネイティブもほぼいません(日本語の鼻濁音の「か゜」みたいな存在)。

たとえば「symphony [ sɪɱfəni ] 」という単語の中でかろうじて出てくるレベルです。

説明すると、[ m ] と発音すべきところが、「 m 」のあとに続く「 ph 」、つまり [ f ] の発音(上の前歯を下唇に当てて発音)の構えに引きづられたため、「結果として存在してしまう発音」 です。

一応載せていますが、とくに覚えておく必要はありませんよー(笑)。

歯茎音

そして、言語を発するときに一番使われることの多い「歯茎(しけい)」を使った音声です。「歯茎」というのはこちらの場所です。

歯茎
歯茎

口の内側から見た、歯の根元ですね。

一般的に「歯茎」と書くと「歯茎(はぐき)」と呼ばれることがふつうだと思いますが、音声学では「しけい」と読みます。

わたしはよく「歯の根元あたり」という表現で説明しています。

歯茎摩擦音 [ s ] [ z ]

歯茎に舌先がくっついているかくっついていないかのレベルのスキマを開け、スキマ音(摩擦音)を起こす音声を歯茎摩擦音(しけいまさつおん)と呼びます。

1無声歯茎摩擦音 [ s ]

歯茎摩擦音で、のどの振動を伴わない音声を「無声歯茎摩擦音(むせいしけいまさつおん)」と呼びます。

[ s ] の発音
[ s ] の発音

日本語の「さ行」の子音で、[ s ] の発音のことです。

2有声歯茎摩擦音 [ z ]

歯茎摩擦音で、のどを振動させる音声を「有声歯茎摩擦音(ゆうせいしけいまさつおん)」と呼びます。

[ z ] の発音
[ z ] の発音

こちらは日本語での「ざ行」、つまり英語の [ z ] の発音ですね。

歯茎破裂音 [ t ] [ d ]

今度は、歯茎に舌先をしっかりとくっつけて、離した瞬間に「破裂するような音」を作る「歯茎破裂音(しけいはれつおん)」です。

1無声歯茎破裂音 [ t ]

歯茎破裂音で、のどの振動をともなわないものを「無声歯茎破裂音(むせいしけいはれつおん)」と呼びます。

[ t ] の発音
[ t ] の発音

これは日本語の「た行」の子音で、 [ t ] の発音です。

2有声歯茎破裂音 [ d ]

歯茎破裂音で、のどを振動させる音声を「有声歯茎破裂音(ゆうせいしけいはれつおん)」と呼びます。

[ d ] の発音
[ d ] の発音

こちらは「だ行」の [ d ] の発音です。

歯茎破擦音 [ ts ] [ dz ]

歯茎に舌先をくっつけて、破裂させたあとに摩擦音に移行する発音を「歯茎破擦音(しけいはさつおん)」と呼びます。

破擦音」というのは上で見た「裂音」と「摩音」を同時にするからそう呼ばれます。

1無声歯茎破擦音 [ ts ]

歯茎破擦音で、のどの振動をともなわないものを「無声歯茎破擦音(むせいしけいはさつおん)」と呼びます。

[ ts ] の発音
[ ts ] の発音

日本語だと「つみき [ tsumiki ] 」のように語頭に来ますが、英語では来ません。

よく語尾にくる「 s 」の発音として出てきます。たとえばネコの複数形である「cats」の最後の部分です。

2有声歯茎破擦音 [ dz ]

歯茎破擦音で、のどを振動させる音声を「有声歯茎破擦音」と呼びます。

[ dz ] の発音
[ dz ] の発音

日本語では語頭に来る「ざ行」の音が [ dz ] の子音になります。

英語では「card」の複数形である「cards」の「 ds 」の部分がこの発音になります。「kids」「reads」のように「 d 」のあとに「 s 」がつくときに発音されることが多いです。

歯茎鼻音 [ n ]

歯茎に舌先をくっつけて、口から出る音声を完全に止め、鼻から音声を出すものを「歯茎鼻音(しけいびおん)」と呼びます。

[ n ] の発音
[ n ] の発音

日本語の「な行」の子音、つまり [ n ] の発音になります。

マニアックになりますが、「かどう(感動)」や「ほとう(本当)」の「ん」の発音も [ n ] になります。

歯茎側面接近音 [ l ]

歯茎に舌をしっかりとくっつけて、舌の両側面から唸り声を通す発音を「歯茎側面接近音(しけいそくめんせっきんおん)」と呼びます。

[ l ] の発音
[ l ] の発音

これは日本語には存在できない音で、英語の [ l ] の発音です。

舌先ですが、上前歯の裏、もしくは上前歯と下前歯の間にはさんで発音しても同じ発音になります。

詳しくはこちらの記事にガッツリと書いています。

歯茎接近音 [ ɹ ]

歯茎の近くまで舌先を接近させ、歯茎と舌との間から唸り声を出す発音を「歯茎接近音(しけいせっきんおん)」と呼びます。

先ほどの [ l ] は「歯茎側面接近音」でしたね。似ていますが、字面が違うということは発音の仕方も全然違います。

[ ɹ ] の発音
[ ɹ ] の発音

本来の発音記号は [ ɹ ] ですが、辞書の中では [ r ] が使われています。

「 ɹ 」の記号は、わたしのようなマニアでもない限り、特に覚える必要はありませんよー(笑)。

歯茎はじき音 [ ɾ ]

歯茎に一瞬だけ舌先をなでるようにはじく発音を「歯茎はじき音」と呼びます。

[ ɾ ] の発音
[ ɾ ] の発音

日本語の「ら行」の子音の音で、英語では基本的に使われません。

ですが、英語でもたまに「Flap T」という音声変化で似たような音が使われることがあります。

硬口蓋歯茎音

そしてお次は「硬口蓋歯茎(こうこうがいしけい)」を使った音声を紹介します。

……難しそうな名前が来ましたねー(笑)。硬口蓋歯茎は、口の中のこちらの部分を指します。

硬口蓋歯茎
硬口蓋歯茎

実は、口の上顎の真ん中あたりを「硬口蓋(こうこうがい)」って言うんですが、歯茎と硬口蓋の間で、「歯茎」に近い側を「硬口蓋歯茎」、硬口蓋に近い側を「歯茎硬口蓋」と呼びます。

歯茎の後ろの方なので、「後部歯茎」と呼ばれることもあります。

硬口蓋歯茎摩擦音 [ ʃ ] [ ʒ ]

英語にあるのは「硬口蓋歯茎摩擦音(こうこうがいしけいまさつおん)」です。もはや、長すぎですね(笑)。

硬口蓋歯茎に舌先を近づけ、上顎にくっつくかくっつかないかのスキマを空け、その間から「シュー」という摩擦する音を生じさせる発音ですね。

気をつけたいのは、日本語の「し」との違いです。

日本語の「し」の発音は、「硬口蓋歯茎」のさらに後ろの部分「歯茎硬口蓋」で作る音です。

くわしくはこちらの記事をご参考に!

1無声硬口蓋歯茎摩擦音 [ ʃ ]

硬口蓋歯茎摩擦音で、のどの振動を伴わない音声を「無声硬口蓋歯茎摩擦音(むせいこうこうがいしけいまさつおん)(= 無声後部歯茎摩擦音)」と呼びます。

[ ʃ ] の発音
[ ʃ ] の発音

英語では「shine」「shy」などの「 sh 」の部分が [ ʃ ] の発音です。

日本語の「し [ ɕi ]」の発音にならないようにご注意ください。

2有声硬口蓋歯茎摩擦音 [ ʒ ]

硬口蓋歯茎摩擦音で、のどを振動させる音声を「有声硬口蓋歯茎摩擦音(ゆうせいこうこうがいしけいまさつおん)(= 有声後部歯茎摩擦音)」と呼びます。

「 ʒ 」の発音
「 ʒ 」の発音

英語だと「vision」の「 s 」の部分が [ ʒ ] の発音です。日本語の「じ [ ʑi ]」の発音にならないようにご注意を。

硬口蓋歯茎破擦音 [ tʃ ] [ dʒ ]

硬口蓋歯茎に舌先をくっつけて、破裂させたあとに摩擦音に移行する発音を「硬口蓋歯茎破擦音(こうこうがいしけいはさつおん)」と呼びます。

1無声硬口蓋歯茎破擦音 [ tʃ ]

硬口蓋歯茎破擦音で、のどの振動をともなわないものを「無声硬口蓋歯茎破擦音(むせいこうこうがいしけいはさつおん)」と呼びます。

[ tʃ ] の発音
[ tʃ ] の発音

英語では「church」などの「 ch 」の発音が [ tʃ ] です。日本語の「ち [ tɕi ] 」の発音にならないようにご注意を

2有声硬口蓋歯茎破擦音 [ dʒ ]

硬口蓋歯茎破擦音で、のどを振動させる音声を「有声硬口蓋歯茎破擦音(ゆうせいこうこうがいしけいはさつおん)」と呼びます。

[ dʒ ] の発音
[ dʒ ] の発音

英語の「bridge」の「 dg 」の発音が [ dʒ ] の発音です。日本語の語頭の「じ [ dʑi ] 」の発音と混同しないようにお気をつけを。

硬口蓋音

口の中の真ん中あたりの固い部分を「硬口蓋(こうこうがい)」と呼びます。

硬口蓋
硬口蓋

硬口蓋接近音 [ j ]

舌の根本あたりを硬口蓋に接近させ、その間から声を出す音声を「硬口蓋接近音(こうこうがいせっきんおん)」と呼びます。

[ j ] の発音
[ j ] の発音

小難しく聞こえますが、これは日本語の「や行」の子音と同じですので大丈夫ですね。

発音記号では [ j ] と書きます。ちょっとややこしいですけど。

軟口蓋音

そして、「軟口蓋(なんこうがい)」という部分を使った発音です。

軟口蓋というのは、上顎の後ろの方の「柔らかい部分」のことです。

軟口蓋
軟口蓋

「え? こんな部分使うの??」と一瞬思いますが、日本語でも使われています。

「か行」「が行」などがそうですね。

軟口蓋破裂音 [ k ] [ g ]

舌の根本あたりを軟口蓋に一瞬当て、勢い良く破裂させるように離すと同時に「クッ」と出す音を「軟口蓋破裂音(なんこうがいはれつおん)」と呼びます。

1無声軟口蓋破裂音「 k 」

軟口蓋破裂音で、のどの振動を伴わない音声を「無声軟口蓋破裂音(むせいなんこうがいはれつおん)」と呼びます。

[ k ] の発音
[ k ] の発音

日本語の「か行」の発音、つまり [ k ] の発音のことです。

2有声軟口蓋破裂音「 g 」

軟口蓋破裂音で、のどを振動させる音声を「有声軟口蓋破裂音(ゆうせいなんこうがいはれつおん)」と呼びます。

[ g ] の発音
[ g ] の発音

日本語の「が行」の発音、つまり [ g ] の発音です。

軟口蓋鼻音 [ ŋ ]

そして「軟口蓋鼻音(なんこうがいびおん)」です。

舌の根元を、軟口蓋に当てて口から出す息を完全にふさぎ、口から出るはずだった息を鼻から出して発音する [ ŋ ] の発音ですね。

[ ŋ ] の発音
[ ŋ ] の発音

「king」の「ng」の発音がそうです。「 n 」と「 g 」のように2つのアルファベットで書きますが、[ ŋ ] というふうに1つの音で発音します。

この発音ですが、日本語にも存在します。くわしくはこちら。

軟口蓋歯茎側面接近音 [ ɫ ]

歯茎に舌をつけたまま、軟口蓋に舌の根本を接近させて発音する「軟口蓋歯茎側面接近音(なんこうがいしけいそくめんせっきんおん)です。

[ ɫ ] の発音
[ ɫ ] の発音

「ウ」のような発音ですが違います。英語では「ダークL(暗い『 L 』の発音)」と呼ばれ、「people」とか「apple」のように文末に「 l 」が来るときの音声です。

ほら、「people」のことを「ピープゥ」みたいに言いますよね? あの「ゥ」の発音です。

あとから歯茎に舌を持っていく発音も

上で見たような発音方法なのですが、「舌を歯茎につけたまま」というのはやらない場合が多いと思います。

こちらのアニメーション画像ように、軟口蓋に舌を近づけ、そのあと舌先を「 l 」の位置に置くという感じです。

「ダークL」こと「 ɫ 」の発音
「ダークL」こと「 ɫ 」の発音

詳しくはこちらを。

両唇軟口蓋接近音 [ w ] [ ʍ ]

そして、「両唇軟口蓋接近音(りょうしんなんこうがいせっきんおん)」と呼ばれる子音です。

1有声両唇軟口蓋接近音 [ w ]

有声両唇軟口蓋接近音(ゆうせいりょうしんなんこうがいせっきんおん)」の [ w ] です。

舌の根元を軟口蓋に接近させ、通路を狭くさせて、さらに唇を丸めて(接近させて)発音します。

[ w ] の発音
[ w ] の発音

日本語の「わ」を唇を丸めて言えばこの子音になります。つまり、日本語の「わ」は唇を丸めないため、べつの発音になります。

2無声両唇軟口蓋接近音 [ ʍ ]

先ほどの [ w ] の発音が無声化した「無声両唇軟口蓋接近音(むせいりょうしんなんこうがいせっきんおん)」」です。

記号では [ w ] をひっくり返した [ ʍ ] の発音です。

「 ʍ 」の発音
「 ʍ 」の発音

アメリカ英語で「where」などの「wh」の発音がそうですね([ w ] で発音する人も多いけど)。辞書には [ hw ] のように書かれていると思いますが、これが本来の発音記号です。

「無声両唇軟口蓋摩擦音」と書くことがありますが、口の中の構造としては「無声両唇軟口蓋接近音」が正しいです。

声門音

そして「声門」を使う子音「声門音(せいもんおん)」の紹介です。声門というのは、のど ですね。

声帯
声帯

声門摩擦音 [ h ] [ ɦ ]

声門(のど)で空気を摩擦させて音を出す音を「声門摩擦音(せいもんまさつおん)」と呼びます。

1無声声門摩擦音 [ h ]

声門摩擦音で、のどの震えをともなわないものが「無声声門摩擦音(むせいせいもんまさつおん)」です。

[ h ] の発音
[ h ] の発音

実は日本語の「は行」の「は」「へ」「ほ」の子音がそうです。

喉が渇いた犬が「ハッ……ハッ……ハッ」と言っている感じの音ですね。

2有声声門摩擦音 [ ɦ ]

声門摩擦音で、のどの震えをともなう音が「有声声門摩擦音(ゆうせいせいもんまさつおん)」です。

[ ɦ ] の発音
[ ɦ ] の発音

英語では通常はこの発音は出てこないので覚える必要はありません。

「behind」や「ahead」の [ h ] の音が濁って [ ɦ ] になることもあるため、英語話者もこの音を知らない人がほとんどでしょう。

ちなみに、日本語でも「ごん」という発音を適当に言ったときの「は」の音が有声になって [ ɦ ] の発音になることがあります……が、こんなこと日本人も知りませんよね(笑)。

さて、今回は英語の子音の発音をまとめました。

おそらくまだ抜けはありそうですが、気づいたときにまた追記しておきます!

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?