「シー(静かに!)」で学ぶ日本語と英語の「sh」の違い

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

静かにしてほしいときに言う「シー」と言いますよね?

もちろん、人差し指を口の前に立てて言う「シー!!」です。

この発音は日本語と英語で違うのをご存じですか?

今回は日本語の「シ」と英語の「sh」の発音の違いについて紹介します。

静かにしてほしいときの「シー」は子音

映画館で子どもが声を出してぺちゃくちゃ話しているとき、注意しますよね?

そんなときに人差し指を口の前に持ってきて「シー!」って言うと思います。

この声ですが、表記としては「シー!」と書きますが、実は「シ」とは言ってないんです。

ヨス

これ、母音「 i(い)」を付けずに「Shhhhhhhh」ってふうに子音のみを言っているんです。

つまり「shi」ではなく「sh」です。

子音のみを発音する」ということが分からない場合は、下記をご覧ください。

日本語と英語の「シー」の音が違う?

この「シー」ですが、日本語と英語では音が違います。ちょっと聞いてみてください。

最初に日本語の「シー」を言ったあと、英語の「シー」を言っています。これを2回繰り返しています。

ヨス

おや? なんか音が違いますよね?

英語の方がちょっと「シュー!」に近い感じでしょうか?

音が違う……ということは間違いなく、口、もしくは口の中の構えが違うということです。

ではくわしく紹介します。

日本語の「sh」の発音

まずは日本語の「sh」から。この日本語の「sh」は、こんな形で発音されます。

日本語の「sh」の発音
日本語の「sh [ ɕ ] 」の発音

ぜひ「シー」と言ってみてください。

上のイラストのような場所に舌が配置されているはずです。手順を細かく説明するとこちらです。

日本語の [ ɕ ] の作り方

  1. 舌先が「下前歯の」根本のあたりにくっつける
  2. 舌の真ん中あたりを上あごに寄せて狭いスキマを作る
  3. スキマ音を出すように「シー」と言う

まぁ、日本人なら何も考えなくても発音できますが、こういうことを口の中でやっているわけです。

ヨス

ちなみに日本語の「sh」の本来の発音記号は、上のイラストにあるような「 c 」がくるっと巻いたような記号「 ɕ 」です。

専門的には「無声歯茎硬口蓋(しけいこうこうがい)摩擦音」と言います。

今度は英語の「sh」の発音

ではお次に英語の「sh」の発音です。こちらのイラストを見てください。

英語の「sh」の発音
英語の「sh [ ʃ ] 」の発音

さっきの日本語の「sh」と舌の位置が違いますよね!

英語の「sh」のほうは舌がもち上がって、上の前歯のちょっと後ろの上あごに行っています。

ヨス

舌の位置が違うので、発音記号も違うことを意味します!

英語の辞書で見たことがあるかと思うのですが、「 s 」を縦に伸ばしたような記号ʃが英語の「sh」の発音記号になります。

専門的には「無声後部歯茎(こうぶしけい)摩擦音(無声硬口蓋歯茎摩擦音)」といいます。

[ ɕi ] と [ ʃi ] の舌の位置の違い

「ɕi(日本語の『し』)」と「ʃi(英語の『shi』)」の舌の位置をもう一度比べてみましょう。

まずは「ɕi(日本語の『し』)」です。

日本語の「sh」の発音
日本語の「sh [ ɕ ] 」の発音

上前歯の根本の後ろあたりである「歯茎(しけい)」から「硬口蓋(こうこうがい)」と呼ばれる部分までひろい範囲の舌を上あごに近づけて出す音です。。

硬口蓋というのはこちら。

硬口蓋
硬口蓋

そのため、「歯茎+硬口蓋」で「(無声)歯茎硬口蓋摩擦音」と呼ばれます。

お次は「ʃi(英語の『shi』)」です。

英語の「sh」の発音
英語の「sh [ ʃ ] 」の発音

こちらは「歯茎」の少し後ろなので「後部歯茎(こうぶしけい)」という場所に舌先をもっていきます。

日本語の「し」の方が後ろの部分というのがわかりましたか?

口の構えもちょっと変わる

舌の位置に引きずられて、英語の「sh」の方が口が丸くなります。

なので舌の位置を意識するより、口を丸くすることを意識して言った方がラクかもしれません。

「sh」の発音の練習は映画館でうるさい子どもに注意する「shhhhhhhhhh」を意識して練習しましょう。

ここでポイントなのは、母音の「 i 」とか「 u 」が付かないようにすること!

母音をはずし、子音だけで発音する練習をしましょう。

じゃないと語尾に来た時に「cash」を「キャッシュ」という風に母音付きで発音してしまうのが癖になってしまうので!

「cash」の発音は「kæʃu(キャッシュ)」ではなく「kæʃ」ですので! 最後に「 u 」は要りませんよー。

ところで「 ʃ 」の表記は「sh」と書かれることが多いです。

これはPCで普通に入力しようとすると出ないため、便宜上アルファベット2つで書かれます。発音としては1つの音なのでご注意くださいね。

今回は「シー」をネタに「sh」の発音の練習してみようというお話でした。

実際のところ、日本語の「シ」の子音「 ɕ 」で発音しても伝わると思います。中国語には、この2つが違う子音としての区別がありますが英語にはありませんので。

でも、舌の位置を微妙に前にするだけで、割と簡単に英語らしさ度がUPするのでぜひ練習してみてくださいね。

最後にもし、この記事が役に立ったら、Twitterで教えてもらえるとうれしいです!

 Twitterで教える

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?