「シー(静かに!)」で学ぶ日本語と英語の「sh」の違い

sound-sh
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は英語の発音についてです。「sh」の音についてお話します。

静かにしてほしいときの「シー」は子音

映画館で子どもが声を出してぺちゃくちゃ話しているとき、注意しますよね?

そんなときに人差し指を口の前に持ってきて「シー!」って言うと思います。この声ですが、表記としては「シー!」と書きますが、実は「シ」とは言ってないんです。

これ、母音「 i(い)」を付けずに「Shhhhhhhh」ってふうに子音のみを言っているんです。つまり「shi」ではなく「sh」です。

「シー」の音が違う?

この「シー」ですが、日本語と英語では音が違います。ちょっと聞いてみてください。

最初に日本語の「シー」を言ったあと、英語の「シー」を言っています。これを2回繰り返しています。

なんか違いますよね? 英語の方がちょっと「シュー!」に近い感じでしょうか?

音が違う……ということは間違いなく、口、もしくは口の中の構えが違うってことです。では詳しく見てみましょう。

日本語の「sh」の発音

まずは日本語の「sh」から。この日本語の「sh」は、こんな形で発音されます。

日本語の「sh」の発音
日本語の「sh」の発音

今、「シー」って言ったら、上のイラストのような場所に舌が配置されているはずです。上あごに舌先がくっついているかいないかぐらいのところに近づいて、上あごと舌の狭い隙間から空気を摩擦させて音を出しています。

ちなみに日本語の「sh」の本来の発音記号は、上のイラストにあるような「 c 」がくるっと巻いたような記号です。専門的には「無声硬口蓋歯茎(こうこうがいしけい)(後部歯茎音)摩擦音」と言います。

今度は英語の「sh」の発音

ではお次に英語の「sh」の発音です。こちらのイラストを見てください。

英語の「sh」の発音
英語の「sh」の発音

さっきの日本語の「sh」と一見同じなんですが、舌の位置が微妙に違います。英語の「sh」の方が日本語の「sh」より少しだけ舌が前に行くんです。これ、本当にめっちゃ少しですが。

舌の位置が違うので、発音記号も違います。英語の辞書で見たことがあるかと思うのですが、「 s 」を縦に伸ばしたような記号です。

口の構えもちょっと変わるよ

舌の位置に引きずられて、英語の「sh」の方が口が丸くなります。なので舌の位置を意識するより、口を丸くすることを意識して言った方が、楽かもしれません。

「sh」の発音の練習は映画館でうるさい子どもに注意する「shhhhhhhhhh」を意識して練習しましょう。母音の「 i 」とか「 u 」が付かないように!

じゃないと語尾に来た時に「cash」を「キャッシュ」という風に母音付きで発音してしまうのが癖になってしまうので!

ちなみに、発音記号が普通にPCで入力しても出てこないので、便宜上「sh」と書いています。これ、アルファベットが2つありますが、発音としては1つなのでご注意くださいね。

今回は「シー」をネタに「sh」の発音の練習してみようというお話でした。実際のところ、日本語の「シ」の子音「sh」で発音しても伝わると思います。中国語には、この2つが違う子音としての区別がありますが英語にはありませんので。

でも、舌の位置を微妙に前にするだけで、割と簡単に英語らしさ度がUPするのでぜひ練習してみてくださいね。

sound-sh

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。