英語の子音

ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

まず言語の音声には、大きくわけてこちらの2種類があります。

中学校のときに聞いたことがありますよね。日本語で言うと「あ・い・う・え・お」が母音です。

それ以外の音声を「子音」と呼びますが、こちらのページでは英語をはじめとする言語の「子音」というものについてわかりやすく説明しますね!

子音ってなに?

では子音の特徴を噛み砕いて紹介します。

子音は「音」母音は「声」

言葉というのは喉の奥から出す「音声」のことですね。

その「言葉という音声」をさらに細かく分けると、「音」と「声」になります。

子音は「音」母音は「声」
子音は「音」母音は「声」

口の中の「特定の箇所」を舌などで遮断することで作り出された「が子音です。

対して母音は、口の中を舌や唇で遮らずに出す「声」のことを言います。

  • 音 …… 子音
  • 声 …… 母音

というふうに解釈していますが、くわしくはこちらの記事をご覧ください!

これを読むだけで、英語の発音が一気によくなりますよ。

3つの要素の組み合わせで「子音」は作られる

では、「音」である子音はどのようにして作られるのでしょうか?

子音の特徴を説明するために、子音が作られる材料となる3つの要素について紹介します。

  1. 発音される場所(調音点)
  2. 発音する方法(調音方法)
  3. 声帯の振動(清音・濁音)

この3つの組み合わせですべての子音は作られています。

1発音される場所(調音点)

子音は、唇、歯、舌、喉など、唇、歯、口の中、喉など、特定の場所を使って音を作ります。

たとえば、「 m 」の発音と「 n 」は、どちらも鼻から音を出す「鼻音」と呼ばれる音ですが、「調音点」つまり音を作る場所が違います。

音を作る場所が違うので、微妙に違う音になるというわけです

「 m 」の発音
「 m 」の発音
「 n 」の発音
「 n 」の発音
  • m …… 上下の唇
  • n …… 舌先と上前歯の根本

発音する場所が違うため、音声が変わるんですね。発音する場所のことを「調音点」と言います。

英語の調音点はこれだけあります。

英語の子音にある調音点
両唇音 p, b, m
唇歯音 f, v
歯音 θ, ð
歯茎音 s, z, t, d, n, ɹ, l
後部歯茎音(硬口蓋歯茎音) ʃ, ʒ, tʃ, dʒ
硬口蓋音 j
軟口蓋音 k, g, ŋ, w
声門音 h

厳密には「ɫ」や「ɱ」のような異音もありますが、ここでは省略。

2発音する方法(調音方法)

子音は、上で見てきた「発音する場所(調音点)」と「発音する方法(調音方法)」が大きなカギとなります。

発音する方法というのは、口から音を出さずに鼻から出す「鼻音」、調音点(例えば両唇)をくっつけて「パッ!」と勢いよく離す「破裂音」のような違いです。

例として「 m 」と「 p 」を見てみます。

「 m 」の発音
「 m 」の発音
「 p 」の発音
「 p 」の発音

どちらも、「上下の唇」という調音点(音を作る場所)は同じですが、音を作り出す方法が違います

「 m 」は鼻音、「 p 」は破裂音です。

英語の子音にはこんな調音方法があります。

英語の子音にある調音方法
破裂音 p, b, t, d, k, g
摩擦音 f, v, θ, ð, s, z, ʃ, ʒ, h
破擦音 tʃ, dʒ
鼻音 m, n, ŋ
接近音 ɹ, j, w
側面接近音 l

3声帯の振動(清音・濁音)

そして最後に、声帯を振動させるかどうかがあります。

「声帯を振動させる」とか言われても意味がわからないですよね(笑)。簡単にいうとこういう違いです。

  • 声帯の振動がない音 …… 「た」のような清音
  • 声帯の振動がある音 …… 「だ」のような濁音(「 ゛」のある言葉)

上で見た「音を作る場所」と「音を作る方法」の組み合わせでさまざまな音を作りました。

その音声に「声帯の振動(つまり声を加えること)」の有無を掛け合わせることで、さらに豊富な子音を生み出しています。

たとえば、「 t 」と「 d 」の違いは、声帯の振動があるかどうかだけです。

「 t 」の発音
「 t 」の発音
「 d 」の発音
「 d 」の発音

音を出す場所はどちらも歯茎(上前歯の根本あたり)で、音を作る方法は「破裂音」。

「 t 」と「 d 」を言うときに首を触って言い比べるとわかりやすいです。声帯の振動をともなう「 d 」の発音のときは喉が震えているのが感じられます。

英語の子音にある声帯振動の有無
声帯の振動がない音 p, f, θ, s, t, ʃ, tʃ, k, h
声帯の振動がある音 b, v, ð, z, d, ʒ, dʒ, g
m, n, ŋ, ɹ, j, w, l

詳しくはこちらの記事を。

子音だけを発音する方法

日本語は「子音」と「母音」がセットになっている言語です(開音節言語)。「か」だったら「 k 」+「 a 」みたいに。

なので、「子音だけを発音する」と言われてもピンとこないでしょう。

日本語の「母音」「子音」という表現は忘れる

日本語の「母音」「子音」という表現がややこしいのかもしれません。

まるで子音が母音がなくては成り立たないように聞こえますから。英語の勉強をするときには「子音」「母音」という表現は忘れましょう!

「子音だけを発音する」ってどういう意味?

日本語には「子音だけを発音する」ということがありません。

そのことに関して、こちらの記事でくわしく書いていますので、ぜひマスターしてください!

カテゴリ「英語の子音」の人気記事TOP5

カテゴリ「英語の子音」の記事一覧